Siemens#TIA Upload,Upload as a new station,backup

CPUからのデータBackupが四種類がありまして、ここで簡単な説明します。

Snapshot of the monitored values

機能-DBの変数値を必要なBackup値に戻ることができます。

制限-プロジェクトの中にCPUがもう作成されてた状態で、OFFLINEのDB構造とONLINEのDBの構造は絶対同じしないといけません。

F-CPU-実行可能です。

実行できるモード-RUN,STOPでも実行可能です。

修正-Backupされたデータが修正可能です。

なにかバックアップできる?-実行するときのDBの変数値。

やり方

まずDBを開いて、Monitorします。

赤枠のカメラボタンを押します。そうすることよってDBの当時値がCPUからProjectにSanpされます。

DBの当時値がSnapされました。DB1(snapshot created:…)で撮った時間が表示されています。Snapshotという項目で値が見えます。

赤枠のカメラボタンを押します。そうすることよってProjectでSnapされた値をCPUに書き込みます。

確認画面が出てきます。OKを押してください。

Upload from device(software)

機能-CPUの中にあるBlocksを吸い出すことができます。

制限-プロジェクトの中にCPUがもう作成されてた状態。

F-CPU – 実行可能です。

実行できるモード – RUN,STOPでも実行可能です。

修正- Backupされたデータが修正可能です。

なにかバックアップできる-

  • 実行するときのDBの変数値全てのBlocks
  • S71200,S71500のPLCTagsの名前(タグと定数タグ)
  • Technology objects

やり方

まずGo onlineします。

CPUのところに右クリックしUpload from device(software)を押します。

確認画面出ててき、ContinueのCheckboxを入れて、”Upload from device”を押して実行。注意するのはこの操作したあと、元々Projectの中に入ってるBlocksが全て消え、FloderでGroupされたBlocksのなくなります。

Upload devices as new station(Hardware and software)

機能-CPUの中にあるBlocks、HardwareConfigを吸い出すことができます。

制限-プロジェクトの中にCPUがもう作成されてた状態、吸出し用のパソコンが必要なHSPs、GSDが全てインストールされてます。吸い出しは基本的に同じバージョンのTIAでしかできません。例えばCPUにダウンロードされているプロジェクトデータがV14 SP1の場合、パソコンのTIAがV15だと開けません。CPUのデータがV15 SP1でパソコンがV15の場合も同様です。

F-CPU-実行可能です。

実行できるモード-RUN,STOPでも実行可能です。

修正-Backupされたデータが修正可能です。

なにかバックアップできる?

実行するときのDBの変数値

  • 全てのBlocks
  • S71200,S71500のPLCTagsの名前(タグと定数タグ)
  • Technology objects
  • HardwareConfig
  • Monitoring Tables(WEBサーバー)

やり方

まずProject treeの一番トップのところをおします。

Online→Upload device as new station(Hardware and software)を押します。

PG/PC interfaceを選択し、UploadしたいCPUを選んで”Upload”を押します。

もしエラーが発生したら…

赤枠にあるプロジェクトのCPU名前が実際のCPUの名前がかぶっていますから、プロジェクトの中にあるCPUの名前を変えてください。

Download backup from online device

機能-この機能を使えばCPUからフルーバックアップが取れますが、修正・開くできません。

制限-なし

F-CPUは-実行可能です。

実行できるモード-STOPのみです。

修正-Backupされたデータが修正できません。

なにかバックアップできる?

  • 実行するときのDBの変数値
  • 全てのBlocks
  • S71200,S71500のPLCTagsの名前(タグと定数タグ)
  • ローカルデータ、Mメモリ、タイマー、カウンター、IOの値
  • Technology objects
  • HardwareConfig
  • Monitoring Tables(WEBサーバー)
  • レシピ
  • CPUのメモリカードにあるデータ(GSD…など)

やり方

CPUのところ選択し、右クリック→Backup from online deviceをクリックします。

警告POPUPが出てきて、この操作はCPUがSTOPになりますが、よろしいですか?のこと。
Actionを”Stop module”に選択し、”Upload from device”を押します。

BackUpが完成です。

PLC→Online backups→で先Back-upとったFILEが見えます。

Back-upのFileを右クリック→Download to deviceでCPUへダンロードすることもできます。


はいーお疲れ様です。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする