Siemens#SIMATIC Automation Toolを使って見よう

シーメンスを扱ってるのお客さんからこんな困ったこと聞かれたことがありますか?

  • 現地ではTIAがインストールできません!理由がわかりません。
  • プロジェクトがV14で作られたが持ってるパソコンV13しかありません。
  • PLCの中にあるレシビデータなどBACKUPしたいが…TIAそもそも持ってません。

などなど次から次へ。どうやら原因がどれもエンジニアリングツールがないってことですね。ここではSiemensはSIMATIC Automation Toolというものがありまして、TIAを使わずにプロジェクトをダウンロードしたり診断情報を見たりレシビデータをBACKUPとったりすることもできます。しかも一番大事なのは…無料です!今回はこのツールを使って簡単な操作などを紹介しますね。ではまずSiemensのHPでこのツールダウンロードしてください↓

SIMATIC Automation Tool

TIAを使わずにプロジェクトをダウンロードする

tia1

まずはプロジェクトFileを作ります。TIA→Project→Card Reader/USB memory→Add user-defined Card Reader..をクリックします。

tia2

そのあと好きな所で場所を指定します。

tia3

Card Reader/USB memoryで先追加したのCard Readerが見えますね。

tia5

次はプロジェクトFile作成したPLCを一回クリックし選択します。

tia6

今度はProject→Card Reader/USB memory→Write to memory card..をクリックします。

tia7

先ほど追加したReaderを選択、緑のCheckを押しますー

tia9

いつもとおりのLoading画面出てきて、コンパイル始めます…

tia10

エラーなし終わったら先指定された場所でプロジェクトデータが作成されました。

tia12

今度はSIMATIC Automation Toolを起動します。Interfaceを選んでください。

tia13

次はScan Entire Networkをしてデバイスを探します。

tia15

よし、PLCが見えました。

tia16

右側のProgram Update Folderを選んで先OutputされたのFolderを選択します。

tia18

最後はOperations→Update→Program Updateします。

tia19

うん、わかりました。CPUがSTOPになる可能性があるってことですね。

tia20

SafetyのPLCの場合、違うSafetyのプログラムに上書きされますよーはい、分かりました。

tia22

無事終わったらちゃんと緑のCheckがついてますね!お疲れ様です。

それで?

このツールはプロジェクトをダウンロードとかだけではなく、Backup、診断情報の確認、CPUのRUN/STOP、IP、Profinet Nameの変更、時間設定、ネットワーク上のデバイスのFirmware更新、レシビデータ、Data Logも落とせるができます。CPUをまるころリセットもできますよ。どういう意味ですか?

つまり、便利は非常に便利ですが、自分のパソコンのIPが目標のデバイスのIPがかぶらなければ簡単に変更できますってこと

パスワードは必ず設定してください。いまの時代にプロジェクトをパスワード設定しないなんで本当に危ないです。

今回使ってるのSIMATIC Automation Tool Version

tia23

じゃ、またねー


メール:soup01searchingtheworld@gmail.com

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする