Siemens#TIA S210 with Profisafe

S210構成例

S210ハードウェア

S210にはWebサーバでTuningなどを行います。
X127からは169.254.11.22でアクセスできます(http,httpsでもOK)
X150からはS210自身のIPでアクセスできます(https限定)
UserName:Administrator
Password:??????

まずX150でもWebサーバアクセスできる方法はこちらです:

X127でWebサーバをアクセスし、System→Settingsをクリックします。

次はIP ConnectionsのTabeで上と同じのような設定して保存します。
それでOKです。

TIA

SINAMICS S210 PROFINET GSDML
まずS210のGSD Fileをダウンロードし、TIAにインストールしてください。

Hardware Configに入れるのS210のバージョンは必ず実機のバージョンと合わせてください。バージョン違いの場合は通信できなくなる場合あります。

今回の試しにTelegram30とTelegram105を使います。

SubModuleにTelegram30、Telegram105を引っばってください。

Telegram→IO addressのところでIsochronous modeのCheck Mark入れ、、Organization blockにMC-Servoを選択します。

もちろん、Topology Viewで実機と同じように繋がり方に設定します。

Assign NameとAssign IPします。

次はS210のWebサーバでProfisafeの設定をやります。
まずS210にはライセンスなしで使えるSafety機能と使えないSafety機能があります。

ライセンスなしで使える機能:

  • Safe Torque Off (STO)
  • Safe Brake Control (SBC)
  • Safe Stop 1 (SS1)

ライセンス必要な機能:

  • Safe Stop 2 (SS2)
  • Safe Operating Stop (SOS)
  • Safely-Limited Speed (SLS)
  • Safe Speed Monitor (SSM)
  • Safe Direction (SDI)
  • Safely-Limited Acceleration (SLA)
  • Diagnostic function Safe Brake Test (SBT)

ライセンスはMemory Card的なものです。

まずS210の電源落として、Memory Cardを挿します。
次は電源入れ直しします。
RDYは赤点灯になり、COMは黄色点滅します。(大体5分くらいかかります。)
RDYとCOMは同時に赤点滅になったらOK。
電源入れ直しします。
RDYは黄色点滅になります。
RDYの点滅SPEEDが早くなったらOK。
電源また入れ直しします。
最後はWEBサーバーで確認します。

まずSafety Integrated→Commissioningをクリックします。

ここで見れると思いますが、Basic FunctionとExtended Functionsが選べます。
もしライセンスがない場合は、Extended Functionsが選べません。

注意するのはControlのTabです。
TIAと同じのProfisafe Telegramを選択してください。
Profisafe Addressも同じです。

Profisafe Addressの確認方法

S210のProfisafe Telegramを選択し、PROFISafeをクリックします。
F_Dest_Addがあります。これはProfisafe Addressです。

設定終わったら再起動します。

最後はProgramを組みます。
今回はこのライブラリを使います。TIAにインストールしてください。

SIMATIC – Failsafe library LDrvSafe to control the Safety Integrated functions of the SINAMICS drive family

Telegramのアドレスに合わせて割り付けます。

最後はFBを入れればOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする