Siemens#Cloud Connector の使え方

構成

TIAが入ってないパソコンでCPUと繋がって、Remote Desktopを使ってTIAが入ってるパソコンを使って、CPUにOnlineします。注意するのはTIAが入ってるパソコンがCPUと直接繋がっていません。

すべてTIAがないパソコン側で完結できます。

まずTIA Portal Cloud Connectorを起動します。

Communication roleはUser deviceを選び、Cloud Connector communicationに”Enable communication”をクリックします。

これで準備OK。

次はTIAが入ってるパソコンにRemote Desktopを使ってアクセスします。

TIA Portal Cloud Connectorを起動します。
今度は’”Remote device”を選びます。

ProtocolのTabでTCP Settings-”Automatic configuraton”を押し、ソフトは自動的にデバイスを検索します。

Protocol Tabの一番下で”Check the connection”ボタンを押すと繋がってるかどうかをCheckできます。Check markが入ってると、通信OKってことですね。

次はGeneralのTabに戻って、License useをEnableし、Cloud Connector communicationもEnableします。

TIAを開いたたら、使えるのInterfaceが見えます。

こっちらはTIAが入ってるパソコンです。Interfaceの名前がみるとわかると思いますが、TIAの中に選べるのInterfaceの名前と違います。あのInterfaceの名前がTIAが入ってないパソコンのInterfaceです。

つまりRemote Desktopの中にあるTIAがRemote Desktopする側のInterfaceが使えるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする