Beckhoff#TwinCATのBasic

前回ではインストール方法・少しのエラーが出たらどうするどうかを簡単なことも書いていますが、今回はTwinCAT3を少し深く勉強しすると出てくる話をしましょう。

TwinCAT3はMotion Control、PLC プログラム、Vision、HMI、Meusrementなど様々なTaskを実装できるのSoftware Controllerです。そのTwinCAT3では全てのConfiguration・プログラミング・コンパイル・Publishing・パージョンコントロールなどVisual Studioで完結します。そしてTwinCATのRuntimeはWindowsベースやBeckhoff Free BSD-Devices(TC/BSD)ですが、プログラミングをするときはVisual Studioのようなツールが使えることによってITのエンジニアにも簡単のPLCプログラミングできます。

PLCのソフトウエアをVisual Studio上コンパイルできるようになるには、Codesysのコンパイラを採用しています。CodesysはドイツのIEC61131-3 PLC Softwareメーカーで採用するのはBeckhoffだけなくほかのメーカーも使用されています(RaspberryのRuntimeも提供されています)。結果にいうと、CodesysのコンパイラをVisual Studioの中にIntegrateしてるってイメージですね。

TwinCATには2つの大きな部分に分かれています。

XAE(Extended Automation Engineering)

TwinCATプロジェクトを開発するためのソフトウエアです。

  • Visual Studio・TC XAEShellどちらを使って開発
  • ライブラリ(TwinCATから提供されるのライブラリ使用可能)
  • IEC 61131-3 コンパイラ

注意するのはそのXAEはWindows上しか走れません。

XAR(Extended Automation Runtime)

  • TwinCAT Real-time kernelで、PLC ソフトウエアなどのTaskを実行します。
  • リアルタイムNetwork DriverでEtherCAT・ProfinetなどのFieldBus実装

そしてXAEとXARの間は”ADS”というプロトコルで通信します。そのADSをInterfaceだと思ってください。例えばXAEはXARからプロジェクトUploadしたり、変数を読み書きしたり…

XAEがプロジェクト作成終わり、コンパイラ成功したらEXE Filesが出てきます。そしてそのEXEがXARを転送します。つまり、XARからで直接XAEのプロジェクトを走ることができ、別のPLC を買う必要がありません。

それはTwinCATのKeywordです。BeckhoffのPCのようにお金を出してプログラミングIDEを買う必要もない。そしてテスト環境でも7日無料になります。7日後はまたCAPTCHAのコードを再入力すればOKです。

では、私達TwinAXEShellで開発すればよいのか?それどもVisual Studioのほうがよいのか?

  • もしPLCプログラミングだけならTwinXAEShellで充分でしょう。
  • もしほかの高級言語(C,C#,C++)などのプログラム実行したいなら、Visual Studioのほうがよいでしょう。

最後、XARは3つのModeがあります。

  • CONFIG
    • システムに変更があったらそのModeに変わります。例えばPLC Programming、Upgrdate TwinCAT、Functions 追加。そのときはPLCの実行に影響出てくるかもしれません。
  • RUN
    • プロジェクトのTasks・プログラム実行
  • STOP/EXCEPTION
    • これは見たくないModeですね。
    • Runtimeになにかエラーがあって止まる状態です。
    • Null Pointer…など

はーい、お疲れ様です。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする