Siemens#TIA Block Interface Type

FBとFCはそれそれのInterfaceタイプがあります:In,InoutとOutです。FCとFBがこのInterfaceに通じてBlockのパラメータとして提供することができます。パラメータはBlockの中に処理させ、そのあとBlockに出力されます。

”InOutパラメータ”の役目はまさにデータをBlockに転送し、そしてBlockが運算し、最後は結果を出力。そのパラメータは2種類のデータ転送方があります。

豆知識ですが、それらの少しつつ重ねておけばプログラムのPerformancesもあげるじゃないかな?と私はそう思います。

Call-by-value

BlockがCallされたとき、パラメータの現在値はパラメータにCOPYされます。その場合は付加的なメモリが必要になります。

Call-by-reference

BlockがCallされたとき、参照値がパラメータに転送されます。その場合は付加的なメモリが必要ではありません。

もしDataBlockが”non-optimized access”されるの場合、普通”COPY”してから転送します。そのBlockが構造されたパラメータ(Structure、String、Data typeなど)たくさんあるの場合、Blockの中にあるTempメモリエリアがすぐOverflowになることもあります。

Overview

アクセス方法の設定


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする