シーメンス#StartDriveを使ってみよう

Startdriveとは?

本来、SiemensのDriveを設定したり、Driveの構成を構築するにはTIAとStarter、Scoutなどと組み合わせて使用する必要があります。ですが、複数のソフトを立ち上げて、PLCやるならTIA、DriveやるならStarterだと本来TIAの統合エンジニアリングツールのコンセントが違いますので、ここに出たのはStartdriveです。

Startdriveをインストールすれば、Driveの試運転・パラメータ調整・設定などをすべて一つのツールとして管理することができます。

Startdrive Basic

そちらのBasicバージョンにはDriveの調整・診断・構築・試運転・運用することができあmす。

Startdrive Advanced

こちらはBasicバージョンを使える上、Safetyテストも使用することが可能になります。

ダウンロード

https://support.industry.siemens.com/cs/document/109771710/sinamics-startdrive-v16?dti=0&lc=en-WW

4つのコンセント

All applications in one tool

すべてのアプリケーションを一つのツールに

あなたのアプリケーションの中にあるFan、Pump、Servo、ConveryなどをすべてこのStartdriveで構築することができます。

https://new.siemens.com/global/en/products/drives/selection-and-engineering-tools/sinamics-startdrive-commissioning-software.html

Safety acceptance test

Safety機能

日本には気にしないメーカーが多いですが、欧米向けのものだと安全規格を満たす要求がよくあります。StartdriveはそのSafetyのテスト機能が提供しています。(EN ISO 13849-1 とEN ISO 13849-2)。そして提供だけなく、DocumentのExport、Step-By-Stepの簡単操作も+機能もついています。

ですが、Safety acceptance testはStartdrive Advancedのライセンスが必要になります。

https://new.siemens.com/global/en/products/drives/selection-and-engineering-tools/sinamics-startdrive-commissioning-software.html

Easy access to drive settings via TIA Portal Openness

Opennessから簡単できるDrive設定

Openness APIはSiemensから提供されて、そのAPIを使えば自分のDrive Applicationを作ることができます。Driveのパラメータ一括変更なども楽になります。

https://new.siemens.com/global/en/products/drives/selection-and-engineering-tools/sinamics-startdrive-commissioning-software.html

Automatic system diagnostics and trace

診断・トレース

Driveの状態・エラーメッセージなどは自動的に吸い上げ、Web Server・HMIから一覧することもできます。そしてトレース機能はより簡単にDriveを調整することが可能になります。

G120構築例

いまからTIAとStartdriveでG120を構築します。

Add DevicesでPLCを追加します。

そして右のCatalogからControl unitを引っ貼ります。今回はProfinetで通信するので”PN”がついてるものを選んでください。

いまはProject内にG120を追加しました。

G120のところにある”Not assigned”をクリックし、CPUとProfinetでつながるようにします。

これでOKです。

ですが、いまはまだControl unitだけなので、

次はPower Unitを追加します。

CatlogからPower Unitを選び、Control unitの隣まで引っばってください。

それでOKです。

これからはTelegramを設定します。

ProfinetでG120と通信するにはTelegramの設定が必要です。

Drive>Properties>PROFINET Interface>Telegram configuration>Telegram 設定できます。

今回はTelegram1を使用します。

もちろん、アプリケーションによって変更することも可能です。

TelegramでDrop listの中似合わせてください。

それで、セットアップ完了です。

このLINKにはSINA_SPEEDを使ってG120を回すの記事がありますので引き続きこちらで参考お願いします↓

シーメンス#SINA_SPEEDを使ってDriveを制御する
シーメンス#SINA_SPEEDを使ってDriveを制御する

はーい、お疲れ様です。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする