Codesys#Modbus TCPIP Slaveを立ち上げてみよう

Codesys側

まずCODESYSプロジェクトを作成し、デバイスTypeをCODESYS Control Win V3 x64にします。(実際は自分のパソコンに合わせてください)

そしてEthernet(Ethernet)を追加し、ModbusTCP Slave Deviceを装入します。

Generalを開いたらRegisterの設定などがあります。

今回は簡単に立ち上げるのは目的ですので、細かい設定の説明は致しません。

一番重要なのは:

  • Slave port:つまり相手側は接続しにいくとき使ってるPort番号です。合わせる必要がありあmす。
  • Holding Register・Input Registers:サーバーが何個のRegistersを持つの設定です。
    (自分がSimでやるときこれは99を設定したらコンパイルエラーになりました…)
    あとは隣のWriteableですね。Holding Registerが上書きされてもよいのかを設定できます。

GVL追加

Global Variable ListでRegistersの長さに合わせて変数を宣言します。

Holding Registers・Input RegisterにGVL割り付けます。

そしてWindowsのRuntimeを立ち上げます。

右下になんか64のICONがみえませんか?これを右クリックします。

Start PLCをクリックします。

OKを。

ICONの64の文字が赤くなります。それでOK。

プロジェクトをダウンロードします。RUNをかけたら、最初にSlaveがオレンジの三角がついています。つまりSlaveに接続されてない、ことです。

uiClientConnectionsは0です。

Statusからみると、いまもNot runningになっています。

Connectionは0です。

Pythonテスト

まずPythonから接続してみます。

from pyModbusTCP.client import ModbusClient

client=ModbusClient()
client.host=’192.168.11.240′
client.port=502
client.open()

ModbusTCP Slaveの隣にあるICONが緑になります。

StatusにもConnectionsが1になります。

uiClientConnectionsも1になります。

そして注意するのは、プログラムの中に使わないものはField bus更新しないことになるので、Tempのプログラムでもいいので、変数を呼び出してください。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする