Siemens#診断バッファーの保持数増やす方法

Step1:Hardware Config修正

CPUのProperties→Diagnostics/ClockのTabで”Number of messages in the diagnostics buffer”を保持したいの診断情報数を設定します。
注意!
診断情報数はCPUによって違います。
診断情報数は増えすぎるとCPUのScan timeが遅くなる可能性があります。

Step2:Online修正

  1. CPUをONLINEします。
  2. Module Informationをクリックします。
  3. Settingsを押します。
  4. Settings for Display Diagnostic Bufferの画面でPreselectを選択し、表示させたい診断情報数を設定。
  5. Update display during operating mode transition・Save settings for this dialog boxの2つのCheckboxを入れてOK押します。
  6. 最後は”Update”を押して、診断バッファーの情報数が変わったかどうかを確認ください。

注意!
STOPモードではユーザープログラムが実行してないので、診断情報が更新できません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする