Siemens#StarterでDriveを試運転する

この記事はSiemens社のStarterソフトウェアを使ってプログラムなしのDrive試運転方を説明します。

Starterとは?

StarterはコンミッションツールとしてS120,G120などSiemens社製のDriveと通信、パラメータ設定、情報診断様々な機能はもつのツールです。もちろん無料です。

Download:
Delivery release for SINAMICS MICROMASTER STARTER V5.3 HF1 and additive SSPs

Installするとき引っかかりそうなエラーと解決方法:
STARTER: Installation of the STARTER software

ここで、Offlineプロジェクト作成の方法と実機から吸い出しの2つの方法も説明します。
(私は吸い出しのほうがおすすめですが。)

Offlineプロジェクト作成

image.png

Insert single drive unitを押します。

image.png

次はDevice familyを選びます。今回はSinamicsで、DeviceがとりあえずCU240E-2 PNにします。Versionは必ず実機と合わせてください。バージョン確認はDrivesを電源落としてその中にあるCF Cardを取って確認できます。IPはTIAのプロジェクトに合わせてください。

image.png

Configure drive unitを押します。

image.png

型式は実機に合わせ、Nextを押します。

image.png

“Then start commissioning wizard”のCheckboxを入れて“Finish”をクリックします。

image.png

Application Classを選びます。
0=Expert、つまりUserさんが自分でカスタマイズします。
1=Stand Drive Control、例えばPump、Fan簡単なアプリケーション。
2=Dynamic Drive Control、例えばEncoder付きのコンベヤー、Lifter、そのような少し精度必要なアプリケーション。

image.png

I/O Configurationはハード配線どうする?ってこと。ここはNo changeします。

image.png

Drive SettingはMotorタイプを選択し、電圧供給を入れます。

image.png

MotorでInduction motorとか同期Motorとか選択できます。
そしてMotorの上についてName Plateにのってるデータを手打ちにします。

image.png
image.png

Motorの定格電流、結線などを入れます。

Important parametersで電流リミット、Ramp-up時間などを設定します。

image.png

Drive Functionがまたどんなアプリケーションを選択します。標準Driveか、重いもの搬送するのDriveとかなどを設定できます。Suitable identification typeはハードウェアの設定終わり、パラメータなどダウンロードしたあとの初めて通信はどうやって最適のパラメータを探すの設定するのです。

image.png

全部確認した上にFinishをクリックします。

実機から吸い出し

image.png

Project>Accessible nodesをクリックします。

image.png

Starterが自動的接続してるDriveを探し表示させます。

image.png

1.見つかったDriveに左が小さいなCheckboxがあり、Check入れます。
2.Accept押します。

image.png

そうするとProjectが自動的Starterに引っ貼ってくれます。

image.png

次は吸い出したDriveを選んで、2のOnlineボダンを押します。

image.png

つながってるのであればOnlineとOfflineのCUが違いますよ~と言われています。
“Load HW configuration to PG”をクリックします。

image.png

それでOnlineとOfflineのCU Typeが一致することになります。
Closeをクリックします。

image.png

Driveのところに右クリックし、Target device>Restore factory settingsをクリックします。それで出荷設定に戻ります。

image.png

確認Popupが出てきます。
ここでちょっと注意するのは“Save device parameterization to ROM after completion”というCheckboxです。SiemensのDriveはRAMメモリとROMメモリがありまして、もちろんみんなさんも知ってると思いますが、RAMメモリがアクセス早いが電源消えたらなくなる。ROMが保持できますがアクセスのは遅い。
例えば、試して設定をいじりたいときはRAMだけに書き込んで、あれ~やっちゃったになったら電源入れ直しすれば元に戻れます。
逆に、うん、このパラメータも完璧だ!だと思ったらROMにも書き込まないと電源入れ直してしまうと消えてしまう。
ここでとりあえずCheckbox入れて、“Yes”を押します。

image.png

Factory Reset終わったらDrive navigatorをクリックします。

image.png

右側の画面はこのように出てきます。Drive configurationをクリックします。

image.png

小さいなPopupが出てきます。Carry out configurationをクリックします。

image.png

また小さいなPopupが出てきます。もちろんYesです。
そして先と同じようが構成設定画面が出てきます。Motorなどの実機に合わせように設定してください。

image.png

次は試運転に行きます。
Commissioning をクリックします。

image.png

画面の下このような出てきます。
“Assume control priority!”を押してDriveの操作権を取ります。

image.png

Assume Control priorityという小さいなPopupがまた出てきます。
Monitoring timeは現在SpeedなどをDriveから取るときの更新時間。
そしてそれらの操作は安全注意が必要です…など。
Acceptを押します。

image.png

先のボタンが黄色になり、文字も“Give up control priority!”に変わります。
そしてEnablesのCheckboxをいれることで操作始まります。

image.png

Enableすると、n=rpmが入力できるようになってる。ここで仮に100 rpm入れて2の緑のボタンを押して回り始まります。

image.png

OKなら1をDriveオフし、n=rpmを0にし、最後は“Give up control priority!”のボタンをクリックし操作権を放棄します。

image.png

Return Control priorityというPopupが出てきます。
先の“Give up control priority!”ボタン押すことによって操作権を放棄ってことは操作権をPLCなどの上位のControllerに戻すことになります。
もしそのときControllerはONの指令が入るとすぐDriveが動作することになります。
危険があります。本当によろしいですか?っと。
確認したらYesを押します。

お疲れ様ーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする