シーメンス#Step7 V5.xでマルチ呼び出しFB中に指定のInstanceをMonitorする

OB1の中に1つのFBを何回呼び出すと、MonitorするときにどっちのInstanceだけMonitorする方法を紹介します。

何回呼び出すっていうのは、簡単にいいますと、FB1があります。そしてOB1の中にこのFB1を3回呼び出します。InstanceDBはDB10,DB11,DB12の3つになります。

いまあなたがその中にあるDB11をMonitorしようとしています。

まず簡単なFBを作成します。これはFB1のInterfaceです。

中のプログラムは簡単は積算プログラムです。

そしてOB1内で3回をCALLします。

その値をMonitorするにはいくつの方法があります。一番簡単な方法を紹介しますね。

Offlineしてる状態でDebug>Operation。

OperationをTest Operationにします。

次はもう一回Debug>Call Environment。

ここでMonitorしたい”Call Path”を設定します。

たとえば今回はOB1が呼び出され、そのOB1が実行してるときにFB1が3回呼び出しますね。FB1とOB1のCheckboxを入れます。

次は下のOpen Data BlocksのCheckbox入れます。

そしてMonitorしたい FBのInstanceDB番号を入力します。

今回はFB1,DB11をMonitorしたいなので、11を入れます。

Monitorしますと、DB11のInstanceがMonitorできるようになります。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする