シーメンス#TIA AT Keywordの使い方

例えばこの例は1…1024長さのBool配列を0…31長さのDIntに”再Group”。

まずここは1個最適化されてないDBがあります。

次は1個Functionを作ります。

プロパティ→Attributes→Optimized block accessのCheckboxを外します。

まず配列をInOutとして入れます。ここで1..1024の配列にしよう。

次は1個の下のところで”AT”のKeywordを入れます。

ATをいれたら、Variable 名 AT *1個上のVariables名*になります。

ここでDataの量に合わせてData Typeを設定します。

例えばWord一つ入れるなら、AT 16Bitに分解したり…のような考え方です。

次はBlockをCallします。

いますべては0ですね。

いまは3.0が1になります。DINTになると=1になります。

いま3.0と3.1が1になります。DINTになると=3になりますね。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする