シーメンス#WinCC Unified Javascript経由Objectをいじる

WinCC UnifiedのScript言語はJavascriptです。ComfortパネルはVBScriptでRuntimeレベルになると確かにCScriptもかけるの記憶があるよな…まぁまぁ。今回はJavascriptを使ってScreen Objectの色を変更するExampleを紹介します。

まず画面で2つのButtonと1つの四角形を作成します。

多分?他のメーカーもそうですが、画面のObjectをScriptをいじるときObjectのNameが必要になりますね。そのNameはProperties>Miscellaneous>Nameで設定できます。

同じくボタンの表示テキストはGeneral>Textです。いま見せるのはそのままベタ設定ですが、場合によってScriptで変化できるようなことも可能だと思います。

ボタンを選んで、Events。

Converts the Function list to a scirptという小さいなJS黄色ボタンがありますので、クリックしてください。

Functionが画面がScriptかけるようになります。

以下のScriptを追加します。

やってることはScreenの中に、myRectというObjectを探しObject背景をその色Hexcodeに変化する、と。

ちなみに 色のHexCodeはこちら:

https://www.color-hex.com/

はーい、お疲れ様です。

もしなにか質問あればコメントしてくださいね。

Footer_Basic

Find ME

Twitter:@3threes2
Email:soup01threes*gmail.com (* to @)
YoutubeChannel:https://www.youtube.com/channel/UCQ3CHGAIXZAbeOC_9mjQiWQ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする